睡眠時無呼吸外来

大きないびきや日中の眠気の原因かもしれません。指にはめるだけの簡単な検査機器で自宅で寝ている間に検査ができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

睡眠時無呼吸症候群と診断された場合はCPAP(シーパップ)療法が保険適応になります。CPAPとは持続陽圧呼吸療法の略で、睡眠中につける特殊なマスクで寝ている間の気道が狭くならないようにします。
また、大学病院や総合病院で既にCPAPを使用していて安定している患者さんは、当院で待ち時間を少なく継続治療ができますのでお気軽にご相談ください。